| CALENDAR | COMMENT | CATEGORY | LINK | PROFILE | TRACKBACK | OTHERS |

KINAログ


絵描きKINAの気ままな日記のブログ
KINA's Official Website http://kina-sao.com/
嘘をつくこと
KINA イラスト 鳥のさえずり
気づけば7月の3日目になりました。
ええと、早いなあとやっぱり思います。
今年も後半ですもんね。

ちょっと、小難しい話。

人はどうして嘘つくんだろう、ってぼんやり考えてたんです。
それはなにかから、なにかを守るためなんですよね。
守るものは自分自身の時もあるし、それ以外の場合も。

弱い人ほど、嘘をつく?
ついていい嘘もある?

人の話を聞いたりするとき、嘘を付いてるってわかるときもけっこうありますよね。
でもそのひとにはとりあえず、嘘をつかないといけない理由があって、
だから、嘘に気がつかないふりして聞いたりする。
もちろん、それによってショックをうけることもあるけれど。

ただ、弱い人が自分を守る為に嘘をついたとして、
その嘘をまるごと、受け入れる覚悟がないようなら、
聞く意味もないと思うんです。

話を聞くとはそういうことで、
どうしてこのひとはこういうことを言ってるのかなって考えることが大事というか・・。

そのひとに寄り添うってそういうことなのかもって思ったんですよ。


そんなことを徒然と考える今日の夜更けであります。



昔、祖母の肩たたきをよくしていました。

幼い私が叩く祖母の肩はとてもがっちりしていて硬かった。
いつも祖母は「気持ちいい気持ちいい」っていうから、
私はてっきりばあちゃんは肩こりなのだと思っていた。
私はもっと祖母に喜んでもらいたくて、何度も何度も肩たたきをした。

大きくなった私は、肩こり持ちになった。
そんな祖母に「私、肩こりがひどいのよ」と言ったとき、
祖母は「私は肩こりなんてしたことないよ」と言った。

元気だった頃の祖母は、金物屋を営んでいて、
いつも立ち仕事、元気に動き回っていて、
そうだなぁ、肩こりする仕事じゃないなあと、ふと思った。

そして、幼いころのことを思い出した。

ばあちゃんの何回も聞いたあの「気持ちいい」は「演技」だった。

私(孫)に対するかわいさからでた、ちいさな裏切り。

それが、わかったとき、ちょっとショックで
だけど、「あたたかさ」が残った。



これは、ちょっといい嘘の話。

|23:59| イラスト×日記 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by KINA - -
Comment








KINAちゃんのお婆さんは、いい嘘をついたのかぁ〜^^

私には、KINAちゃんが叩く心地よい肩たたきの振動や、楽しそうに嬉しそうに笑ってるKINAちゃんといられることが、おばあさんにとって『気持ちいい(HAPPY)』事だって言っていたのではないかなぁ?って気がするよ。
posted by ちづこ | 2013/07/04 10:20 AM |
>ちづちゃん

そうだね、きっとそうだったんだね(^-^)
私としては幼い頃から、ずーっとばあちゃんは肩こりだと、痛くてかわいそうだと思ってたから、ちょっとびっくりしたんだ。
でも、私がおばあちゃんになったら、きっと同じようなことになるんだろうなあって思うよ(笑)
posted by KINA | 2013/07/04 11:44 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

管理者ページ | RSS1.0 | Atom0.3 |
Copyright © KINA. All rights reserved.